てん@30日チャレンジ

ゆとり生まれゆとり育ち。社会人5年生。

【部屋が散らからないマイルール】すぐダンボールを捨てることがきれいをキープするコツ!片付けても3日で元どおりの汚部屋になっちゃう方必見

ダンボールを「回収日」に捨ててませんか?

ネットショッピングが便利になった昨今。毎週、人によっては毎日のようにネットで買ったものがダンボールで届きますよね。

 

荷物が届いて、

「やっと届いた〜〜!早く使いたい!」

って、いそいそダンボールを開封し、

「ダンボールは再来週の回収の日にまとめてやればいいや」

とダンボールを箱のまま放置していませんか?

 

実はダンボールを片付けるスピードは部屋のきれいさに比例しています。(わたし調べ。

笑)

では、くわしく紹介していきますね。

本日の散らからないマイルール

f:id:timym0:20190831231227j:plain

届いた荷物を速攻開封し、ダンボールを解体する。

これだけ。もしマンションなどの集合住宅で24時間365日ゴミを出せる方はゴミ出しまでしましょう。

ダンボールを箱のまま放置するとどうなるの?

ダンボールを箱のまま放置すると

  • 届いた商品を本来の収納場所に収納せず、ダンボールに置きっぱなしにする
  • そのへんにちらかってる小物をダンボールに入れて収納として使いはじめる
  • 回収日をうっかり忘れて永遠にゴミ出ししない

ちょうどよい参考写真(一人暮らし時代の彼の家)▼

f:id:timym0:20190831231246j:plain

もし、

収納が増えるなら部屋がきれいになるじゃん。

ダンボールに収納しているおかげで、小物が散らからずにすむしいいじゃん。

と思っているなら、それは汚部屋への第一歩かも。

管理コストを考えよう

ダンボールを放置することでちょうどいい感じの収納が増えてしまうことがわかりました。そうすると、本来ダンボール自体はゴミで、捨てる予定だったのに捨てられず部屋に溜まっていくことになります。

f:id:timym0:20190831231310j:plain

そうするとちょうどよい収納(ダンボールの空き箱)があちこちにできて、小物をぽいぽいつっこんでいきます。この小物たちも、本当であれば処分すべきゴミかしまうべきところがあるものなのに、ちょうどよい収納があるため部屋に溜まっていきますね。

f:id:timym0:20190831231321j:plain

そしてものが増えると管理コストがかかります。管理コストとは、例えば

Aさん:洋服を10着もっている

Bさん:洋服を50着もっている

この場合、洋服を洗濯して畳んでしまうという行動をするのに1着あたり1分かかるとしてAさんは10分で終わりますが、Bさんは50分もかかってしまうのです。

この「もっているモノをきれいに保つためのコスト」を管理コストと呼んでいます。(勝手に)

人はこれをたぶん感覚的にわかっていて「時間かかってめんどくさそうだな」とさらに行動しなくなっていきます。

もちろん、50着のほうが洗濯の回数がすくないじゃんとか多いことのメリットもあるのかもしれません。ただ、冷静に考えると50着を一気に回せる洗濯機はなくて、10着が洗濯機1回で回せる限界かもしれない。で、あればおしゃれが好きとかでないかぎりは、10着以上をもつメリットは少ないのでは?(むしろ洗濯機を5回も回すことになる。)

ここで言いたいのは、自分が興味ないものや利便的に必要以上のものを持つと管理が大変ですよってこと。

片付けを頻繁にできるような細かい性格でない場合は管理コストを下げることが、部屋をきれいに保つためには大事なのではないでしょうか。

f:id:timym0:20190831231332j:plain

なので、「届いた荷物を速攻開封し、ダンボールを解体する。」ことを心がけてみてください。

例外!メルカリ用のダンボール保管について

ダンボールはすぐ捨てろ!と言っておきながら、もちろん例外はあります。わたしは電化製品や着なくなった服をメルカリで売っているので梱包用または外箱があることで寝付けがあがるダンボールはとってあります。ただ、これもむやみやたらに取ってあるわけではありません。

 

ダンボールの収納場所をつくる

f:id:timym0:20190831231354j:plain

必要以上にダンボールを溜め込まないようにすでにダンボールの収納スペースを取ってあります。画像上のiPhoneの外箱が写っている写真が主に外箱があることで値段があがる商品の箱たち、下の画像が梱包用のダンボールたち。

梱包用のダンボールは減ってきたら意識して補充しています。

外箱に関してはここに収まりきらなくなった時に、なにか売れるものがないか整理するタイミングにしています。

さいごに

ダンボールって本当にすごいアイテムですよね。手軽に手に入るし、ちょうどいいサイズ感で使いやすいし、そもそもゴミなのかわからないし。

でも、身近で手軽に手に入るダンボールだからこそ部屋が散らかる大きな要因になっていることが伝われば幸いです。

ぜひダンボールを瞬殺して毎日ちょっとスッキリしちゃってください。

 

この記事を読んだあなたにオススメ▼ 

www.timym0.work